とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

へっついさん

先日(2015.9.21)、栗東歴史民俗博物館(以下、歴博)へ子どもたちを連れて、行ってきました。
月19日[土]から11月3日[火・祝]まで、「湖国のヘッツイさん」という展示があります。
 
歴博の前には旧中島家住宅という古民家があるのですが、今の場所に移築された際に土製のかまどが復元されたそうです。
その後20年以上経って老朽が目立ってきたたため、解体して再築造されることに。
かまど再生事業として、今年何回かのワークショップを行ない、市民の手によってへっついさんが再生されました。
 
ちなみに、「へっついさん」というのは、この辺でのかまどの呼び方。
さん付けするあたり、かまど関連の信仰というのが根底にあったのでしょうね。
 
かまど再生事業ですが、実は縁あって市民コーディネーターという形で、昨年から関わらせていただいてます。
かまどや昔の生活などを垣間見ることは、いろいろな学びを得るいい機会でした。
歴博の方や市民学芸員さん、市民のみなさんとお話ができたことも含めて、貴重な経験をさせてもらったと思っています。
本当にありがたいことです。
 
左官屋さんのすばらしい仕事やかまどについては、また改めて書くつもりでいます。
 
 
さて、そんなこともあって、今回の企画展はとても楽しみに待っていました。
 
f:id:serendippo:20150925230129j:image
 
展示を見ていたら、声をかけられました。
京都新聞の記者さんで、インタビューをさせてほしいとのこと。
長男がはりきってその役を引き受け(そのわりにはなかなか言葉が出てこなかった…)、その内容と展示の紹介が9月22日の京都新聞滋賀版に載りました♪
 
↑記事のリンクはいずれ切れてしまうとは思いますが…
 
記者さんとお話していたら、その方から以前電話での取材を受けたことがあると判明!
嬉しい偶然、この日に見に行ったのは必然だったかもしれません。
 
旧中島家住宅のかまどは現在養生中☆
10月12日[月・祝]に、火入れとお披露目のイベントがあります。
午後には今後の活用法などを話し合う意見交換会があり、ぼくは出席する予定です。
 
実はこの日、栗東のいちょうまつりとかぶっているのですが、近場なので両方楽しんでいただけるかと思います。
いちょうまつりについても、またお知らせしたいと思います。
 
 
歴博の「湖国のヘッツイさん」、是非見に行ってみてくださいね☆
 
 
                                                                     せれんでぃっぽ☆とむやん