読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

曼珠沙華☆

完全に時期をはずしてしまったけど…

f:id:serendippo:20151003015019j:image

彼岸花曼珠沙華、etc…
たくさんの異名があるそうで、中には地獄花とか幽霊花とか、ほかは書くのもちょっと憚られるようなものまである。
ヒガンバナより、個人的にはマンジュシャゲ、という呼び名が好きかな。

f:id:serendippo:20151020173328j:image

ある日突然、といった感じであちこちに真っ赤な集団が現れて、また気付けば消えてしまうかのようにふと見えなくなる。
消えてしまうかのように、と書いたけど、実際には花が枯れたあとには葉が出てくるんですね!
全然知らなかったなぁ…
その葉は、冬を越して地下の鱗茎(球根の言い方がポピュラーだけど)に栄養を蓄え、春先には葉も枯れてしまう。

曼珠沙華には毒があって、鱗茎は特に毒性が強い、というのはよく聞く話だけど。
田畑の畦や墓場などに多く植えられているのは、その毒性によって小動物の侵入を防ぐためらしい。
そして、縁起がよくないとか不吉だとかの迷信や異名は、毒があるってことがかなり関係しているみたい。

花言葉は、「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。

ちょうど「独立」ってことを考えてたときだったから、自分の中で妙なシンパシーというか、暗示的に思えてしまった。
曼珠沙華から「独立」を考えるってのもおもしろいかも、と思いつつ。

「独立」についての話は、また改めて。


                                                                     せれんでぃっぽ☆とむやん