とむやんの氣まぐれ雑想記

〈探幸王〉を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

チョコレートから思うこと。


今のこの感覚。
いつだったか、以前観た映画を思い出す。

『チョコレート一揆』という映画。

ACE設立15周年記念映画『バレンタイン一揆』特設ページ


「ごく普通の女子大学生」3人が、アフリカのガーナを訪れる。
カカオ農園での「児童労働」の現実を知って、ショックを受けて。
日本でもっと知ってもらうために、「チョコレート一揆」というアクションを起こす。
銀座の街頭でフェアトレードのチョコレートをアピールし、大勢で買いに行ったり…。

細かいところは忘れてしまったけど、そんなドキュメンタリーだった。

一般的には、フェアトレードのことや児童労働の問題を知る、そんな内容の映画なのだと思う。
でも、ぼくにとってはちょっと自戒的というか、自分を振り返るための「モノサシ」として、心に留めている。

「ごく普通の女子大学生」だったひとりが、銀座で「チョコレート一揆」をするものの…。
街行く人々はほとんど関心を示さない。
彼女はそのことに苛立ったのか、ただ悲しんだのか、無力感に陥ったのか、そこも忘れてしまったけれど。
いずれにしても、自分にとってはすごくよくわかるシーンだった、と記憶している。

だけど、「ほんのちょっと前まで、あなたも街の人と同じだったでしょう?」と、イジワルを言いたくなったりもする。

言い方は悪いけど、自分のことは棚に上げて、人々の無関心に腹を立ててしまう。
そのことが非常に如実に描かれているようで、興味深かった。

それはもちろん、その女性を責めてるわけじゃない。
現実を直視して、アクションを起こしたことは本当にすごいことだと思う。

でもだからこそ、その街行く人々は過去の自分自身。
その「鏡」に向き合わなければならない。

そしてぼくにとっては、この映画はその「鏡」だった。


ぼくはガーナにも、それどころか海外旅行というものをしたことがない。
そんなぼくがフェアトレードの商品を買ったり売ったりしているのは、自分なりに考えた結果でもある。

その女性たちからしたら、児童労働の現実からしたら、その程度では“甘い”のかもしれないけれど。

現実にしても現場にしても、それは絶対条件ではない、とぼくは思っている。
もちろんその方が、リアリティに近付くチャンスは格段に増える。

ただ、当事者性はそれとは別で、今いるところから、世界をいくらでも考えることができるはずだと思う。

そうでなければ、直接的経験しかないというのなら、みんなが悲しいつらい経験をしなければならなくなる。
それはある意味、その経験をしろと要求するようなもの、結果悲しみの連鎖になりかねない。

そもそも、その直接的経験だって、主観によって各々まったく違うものになったりするのだし。

繰り返すけど、それは何かに対してとか誰かを、非難したいんじゃない。
ただ、自分が正しくあることに振り回されていると、周りが見えなくなっていく。
安っぽい正義や正当性を、今度は振り回したくなる。

それよりは、自分の不甲斐なさや無力に、ただ寄り添うこと、その方がいいように最近は思ったりする。

チョコレートひとつ買うのに、何かを正当化する必要なんてない。

それは日々の中で、安易な情報に惑わされない訓練みたいなもの、かもしれない。
それが本当かどうか、もしくはたとえウソだとしても、それでもそうしたいと思うかどうか。

フェアトレードのチョコレートを買うことが、世界を変わるのか?
まあ、そうなったらいいのだけど。
チョコレートを買うことで何かが変わるとしたら、それは自分自身だ。

たとえば児童労働のことを知っても、いくらでも“スルー”できる。
でも逆に、知らないから平気で買えるし、それを何となく知っているからこそ、「知りたくない」というバイアスがかかる。
その部分をブラックボックスにして、どんなチョコレートを買ったからいいとか悪いとか、そんなことを言っても意味がないはず。

人を見て自分を見てない、自分は悪くない、人の批判ばかりしてしまう、などなど。
そういうことを自分も何度も繰り返してきたから、とてもよくわかる。
だから、その後に波が引くように、虚しさばかりが残される、そこもよく知っている。

いいじゃないか、自分のしたいことできること、地道なことをしていけば。
カタツムリの速度で、ちょっとずつ変化を受け入れていけば。
クリキンディのように、ひとしずくでも運べるなら。

フェアトレードのチョコレートを買うことの意味より、チョコレートってこんなに美味しいんだって、それは自分を劇的に変えるかもしれない。

自分がどんな情報を選んで、信じるのか。
世界は見る角度によって、まったく表情が違う。

フェアトレードチョコレートの美味しさを知らないなんて、もったいないねって。
そのくらいの感覚の方が、世の中数倍楽しくなる。

知ってるか知らないか、それだけの違いだとしたら。
知らないでいる人を責めるより、知っていることを楽しんだり喜び合ったり、そっちの方が断然いい。
何度も言うけど、自分だって知らないことだらけだったし、今もきっとそうだ。
何かを知った途端、すべてをわかったかのように振る舞うなんてこと、自分としてはもうしたくない。



回りくどい言い方になってしまった。
時間は限られているけど焦らなくていい、いつでも振り返ることはできる。
自分の正しさなんて、主張しなくてもいいんだ。
でも一方で、あなたの感じたこと、怒りや悲しみや喜びや、そういうことは聞いてみたいと思う。
聞かせてほしい、もう誰も責めたりしなくていいから。


ふと思ったことを、チョコレートを例にしていろいろ考えてみた。
それがかえってわかりにくかったかもしれない、たかがチョコレートに何熱くなってんだ?って。
まあ、それはそれでいいのだけどね。

この流れで最後に、宣伝をするのはちょっと誘導的かつ強引過ぎるかな。


今日(2015.11.16)から三日間、ぼちぼちだけど自宅ショップをオープンしています。

せれんでぃっぽ・中野アパートフェア☆
ぼくたちが滋賀に移住してから4年、みなさんと出会えたご縁に改めて感謝しています。
ここで一度立ち止まって区切りをつける意味も込めて、在庫一掃セールをします。
(食品などはセール対象外)

また、火曜日には妻のメイコの「ゆっくり学校トーク」もあります。
11時ごろからお昼をはさんで13時ぐらいまで、テーマは「まなぶ」。
お昼はお弁当持参か、きしだ家土鍋ごはんとスープのセットをワンコインでお出しします。

明日は雨予報なので、15時くらいには撤収してしまうかも。
駐車スペースもないので、来られる方はご一報くださるとありがたいです。

f:id:serendippo:20151116224527j:image

フェアトレードのチョコレートは乳化剤を使用しないので、冬季限定。
少量ですが今年も入荷したので、よかったら遊びに来てください。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん