とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

Life is Peace


書きたいことが溜まるばかりで、なかなか投稿できないけれど…

気付けば今日は12月1日、今年もあと一ヶ月ですね。
 
今年は本当にいろいろなことがあって、どちらかというと心境的なことの変化なので、外見は変わって見えないかもしれない。
いずれにしても、せっかくだから総括を意識した月にしてみたい。
 
 
そんなわけで、上映会をすることにしました。
上映するのは、『ファン・デグォンのLife is Peace』という作品。
 
f:id:serendippo:20151201114650j:image
 
ファン・デグォンさんは1985年に、留学先のアメリカから帰国したその日、スパイの容疑で拘束。
北朝鮮のスパイに仕立て上げられ、二ヶ月の拷問、そして13年と2ヶ月の投獄生活。
 
そんな過酷な人生の中で、ファンさんは「野草」と出会う。
獄中から妹に宛てて送り続けた絵手紙は、のちに『野草手紙』として出版。
 
とまあ、言葉で説明してはみたものの。
当初、正直どう観ていいものか、ぼくは見当もつかなかった。
 
映画として観るなら、別段何かが起こるわけではない、淡々とファンさんが語るシーンがほとんどだ。
 
けれど、ファンさんから語られる言葉はどれも優しく、まるで心に灯りをともされたかのようだった。
画面の中でファンさんの微笑みを見ると、自分の中の何かが変わっていくのを感じた。
 

安保関連法制のことがあって、いろいろ考えた結果、この作品を思い出した。
ここに至るまでに、ちょっと時間がかかってしまったけど…
以前一度、上映会をさせてもらった、でもたくさんの人ともっと共有したいと思っていた。
 
今年のこのタイミング、企画としては間近過ぎて告知もあまりできていませんが…
それでも、やはり今観たい、誰かと共有したい。
 
明日、12月2日[水]、会場は草津駅から徒歩15分ほどの「マンポのとなり」。
10:00開場、上映は10:30〜12:00、その後食事をしながらシェアの時間。
会費は1,000yで、ワンドリンク付き、お昼はお弁当などを持参してください。
 
 
内容紹介などは、以下をご覧ください↓
 
上映会の詳細はこちらにもあります↓
 
facebookのイベントページは、こちら↓
 
 
                                                                     せれんでぃっぽ☆とむやん