とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

人生はタカキビのコロッケ☆


毎月第二土曜日は、守山のあまが池で「Organic Be-er Garden Party」があります☆

11月は雨のため、中止でしたが…
今月は、12月12日に開催の予定ですよ♪
 
さて、今回書くのは先々月(2015.10.10)のことなので、だいぶ間が空いてしまったけど。
 
 

朝食は、最近いつもお粥が定番の我が家。
だけど、マルシェイベントの次の日などは、ちょっと贅沢な食卓に♡
 
たとえば、10月のビアガーデン翌日。
「金森商店」のマフィンと、「くいしんぼう家族の台所」のスコーンと。
そして、「酵母パンまひろ」のタカキビのコロッケでした☆
 
f:id:serendippo:20151204105019j:image
 
どれも美味しかったのは言うまでもないのだけど、顔の見える関係性で、というのがポイント♪
実はスコーンはいただいたもの、コロッケは玄米おむすびと交換…って、これもいただいたも同然。
ますますありがたいなぁと思いつつ…
 
その前日のオーガニックビアガーデンで、「酵母パンまひろ」のパンプレートを食べたら感動的に美味しくて。
 
f:id:serendippo:20151204110032j:image
 
そのことを伝えたら、もってって!と言ってくれて。
もってたタッパーに玄米おむすびがあったので、それと交換、って何だかわらしべ長者みたいだな…
 
タカキビは自分でもたまに使うけど、料理って本当に人によって美味しさが変わる。
 
 
ところが、見た目だけではただのコロッケ。
まあ、当たり前と言えば当たり前なのかもしれないけど…
個人的には、この小さな氣付きは大きな意味があったと思う。
 
 

そんなことを朝食を食べ終えてから、あれこれ考えてたら。
 
ふと思い出したのは、映画の中のワンフレーズ。
「人生はチョコレートの箱、開けてみるまでわからない」。
 
フォレスト・ガンプ』という映画の中に出てくるこの言葉は、ガンプの母親の口癖…だったっけかな?
映画の名言集みたいなものにも登場する、比較的有名なセリフだ。
 
だけどぼくは、最初にそれを聞いたとき、いまいちピンとこなかった。
たぶん、映画の時代背景も加味しないと理解できないのかもしれない。
チョコレート、しかも箱入りの選り取り見取り、滅多にないワクワクする瞬間…
飽食の時代と言われる今、そのありがたみは半減しているかもしれない。
 
 
それとはちょっと違うかもしれないけど、「人生はタカキビのコロッケ、食べてみるまでわからない」。
ちょっと陳腐かな…? でも、ふとそうなんだなぁと、その朝食後に浮かんだんだ。
 
逆に、やってもみないうちから「どうせやっても…」ってことが、世の中多いのかもしれない。
自分もそうだった、箱を開けてガッカリしたくない、そんな怖れの方が強かった。
 
どうせ「すっぱい葡萄」と吐き捨てるより、ワクワクしている人生の方がいい。
失敗もあるけど、氣にならなくなってくるし、不思議と失敗も減ってくる。
 
たぶん、このパンプレートはかなり手がかかるはず、そしてこの人のつくったコロッケなら美味しいだろうな、って。
そういう意味では、食べてみる前からわかってるとも言える。
最近は直感的なものにこそ頼った方がいいと信じてるから、そんなことも関係してるんだろう。
 
コロッケだけじゃなく、マルシェイベントも同じだと思う。
関東にいたときから、渋谷のアースデイマーケットに毎月のように行っていた。
滋賀に来てからも、マルシェがあればできる限り行きたいと思って、いろいろなところに出向いた。
 
結局、人と人との関係性なんだと思う。
この人に会えるのが嬉しい、その瞬間にしかない「一期一会」を楽しみに行く。
箱を開くような場面が、たくさんある。
 
「人生はチョコレートの箱、開けてみるまでわからない」って、逆説的な言い方なんだろうな。
開けたらいいんだ、そしたらわかるよって。
 
あなたはあなたの人生を信じていいよ、突き進んで大丈夫、そんな意味にも思えてきた。
 
「人生はタカキビのコロッケ、食べてみるまでわからない」。
書いてみると長々とまどろっこしくなってしまうけど、人生あまり考えずにやってみることの方が大事なのかもね。
そんなことを改めて思う。
 
 
                                                                     せれんでぃっぽ☆とむやん