とむやんの氣まぐれ雑想記

〈探幸王〉を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

レコード聴こーっと♪


実家への今回の帰省で、久々に自分がコツコツと買い溜めたレコードを聴いている。

f:id:serendippo:20160107101645j:image

まだ20代の頃、あちこち行っては安いレコードを買い漁っていた。
ジャンルもさまざまだけど、やっぱりロックが多いかな。

どれだけの数を所有してるのか、正直わからないのだけど。
プレーヤーも含めて、置き場もないしもっていくのも大変なので。
結局ずっと実家に置きっ放し、帰省のときも特に聴こうと思わなかったなぁ。

今年は「手間隙」が自分にとっての重要なキーワードだから、レコードにも改めて目を向けたわけです。
(ちなみに、前回のニール・ヤング『Harvest』も、レコードで聴きました。)


ところで。
ぼくはロックは好きだったけど、ハード・ロックなど激しい音楽は受け付けなかった。

高校の頃、友だちが貸してくれたAEROSMITHですら、「これはムリ!」と途中で聴くのを断念してしまった。

それが徐々に慣れていって、大好きになるのだけど。
そうなったきっかけのひとつは、レコードかもしれない。

ほしいアルバムを買うというよりは、とにかく安くて比較的キレイなレコードを買うことを楽しんでいた。
そんなこともあって、比較的手に入りやすかったハード・ロック系の数が、自然と増えていく。
 
いわゆる「ジャケ買い」も、レコードを買うときの醍醐味のひとつ。
特売コーナーで見つけた、全然知らないアルバムが「アタリ」だったときの喜びといったら!
のちのち調べてみたら、よく知られたバンドのものだったり、でもそうやっていろいろ音楽を知るいい機会になった。


たとえば、ユーライア・ヒープの『対自核』というアルバム。

f:id:serendippo:20160107101619j:image

それにしてもインパクトあるタイトルを付けたものだ、原題は『Look At Yourself』。
ジャケットがインパクト大だから、この邦題はピッタリ。
 
確かこれも、ジャケットに惹かれて買ったんだったと思う。
のちに、名盤中の名盤だと知る。

調べてたら、この一月にユーライア・ヒープが来日、『対自核』を中心としたライブをするらしい。
もしかしたら、再注目されるかもしれないなぁ。


もうひとつ、ジャケ買いしてよかったとつくづく思ったのは。
Dioの『HOLY DIVER』。

Dioハード・ロックヘヴィ・メタル界では超有名だけど、このときは知らなかった。
Rainbowのヴォーカルだったことを知るのは、もっと後のこと。

f:id:serendippo:20160107101716j:image

邦題は『情念の炎』…って、意味がよくわからない(笑)
しかも、ジャケットもまた意味不明。
なのに、なんでこれでジャケ買いしたのか、自分でも不思議だ。

しかし、このアルバムも、何度も聴きたくなる名盤だと思う。


ハード・ロックヘヴィ・メタル系だけでは、興味のない人には「何のこっちゃ」だと思うので。
もうひとつだけ、超メジャーな名盤を。

The Beatlesの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』。

f:id:serendippo:20160107101738j:image

言わずと知れた、って感じだけど、ロックの歴史を変えたとも言われるアルバム。
世界初のコンセプトアルバムとしても、有名。

確かに、アルバム全体を通して聴きたくなるし、それにはLPの方がやっぱり都合がいいだろう。

レコードのよさは、A面B面の引っ繰り返さなければいけないところだ。
その面倒さが、一曲を手軽に聴ける今の時代には、却って新鮮かもしれない。


さて、レコードのことを語り始めると、キリがないので今回はこの辺で。
アルバムだって、あれもこれもまだまだ取り上げたいものはたくさんある。


今日(2016/1/7)はこれから、実家のカフェ・ド・アクタで一日だけのゆるカフェを開く予定。
13:00〜18:00、要ワンオーダー。
3時から4時には、妻が冷えとりトークをします。

ぼくはドリンクを担当するつもり、そしてレコードもかけたいなと思っていて。
選曲はまだ不明だし、まだ計画段階だけど。

関東圏の方、よかったらふらりとでも遊びに来てくださいね☆


                    せれんでぃっぽ☆とむやん