とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

「ライト」は誰のもの?

今日(2016.7.10)の昼前に、投票に行ってきました。

f:id:serendippo:20160710200440j:image

宣言通りオシャレして、でも「氣もちの上で自分なりに」なので、オシャレに見えるかどうかは別の話、だけど。
子どもたちも連れて一家で、家から徒歩3分ほどのお出かけ、あんまりわかってないとはいえ、楽しそうにしてました。
実際親が楽しんでいること、それを見せることも大切かなと思っているので。


ふと思ったことをメモしておきます。
「権利(right)」について、今回はちょこっとだけ。

いつの時代でも、「権利を主張するばかりでなく、しっかりと義務も果たすべき」という意見があるように思います。
それをどう捉えるのか、ただ案外世の中の人はそれを真っ向から反論できるものをもっておらず、「それもそうだな」とひるんでしまう人も多いようにぼくには感じられます。

それで、これが正しいとかではなく、こんな考え方をしてみたらどうだろうと。

それは、「権利(right)って誰のもの?」ということ。
基本的には各々のものということなんだと思うのですが、そこをちょっと視点を変えてみたらどうだろうか?

たとえば、ネイティブアメリカンなどの思想にもあるような、「七代先まで思いやる」という感覚。
現生で与えられているものは未来世代からの「借りもの」であるという考え方。

だから、権利というものも、あくまでも「預かりもの」であって、それを何かの形で育ててお返しする。

たとえば、コピーライト(copyright)に対して、「コピーレフトcopyleft)」という、概念的にも言葉遊び的にもすばらしい発想がある。
著作権オープンソース的に、自由に引用や改変ができるようにすること、ちょっと説明不足かもしれないけど。
それは上に記した感覚と、近いように思う。


「人権なんてたいそうなもの、自分には不釣り合いだ」と言うような、そんな感覚がみんな少なからずあるんじゃないかと思う。
だから、「権利の前に義務を果たせ」と問われると、「生まれながらに」なんて言えず、条件を満たしていない自分には「資格がない」と思いがちなんじゃないかって。


だから選挙にしたって、自分のための一票じゃないというか、そんな感覚で捉えるのはどうだろう?
年配者なら孫のため、犬や猫を飼ってるならその子のため、もちろんぼくら親世代は子どもたちのことを考えていく人も多いだろう。
選挙にも政治にも関心がない、それは別に咎められることではないかもしれない。
でも、自分にとって大切な人(もちろんそこに自分自身も当てはまればもっといい)に関心がない、そんな人はいるんだろうか?
そこの意識が結局、つながっていないだけなんだろうと思う。

そして、投票に行くということが、選挙というものや政治というもの、民主主義というものにエネルギーを与えるっていうのかな。

それらは個人が自由にしていい権利、ってことじゃない、そんなイメージ。
それを義務にしてしまったら、ますますそこから離れてしまうかもしれない。

自主的に誰かのためを想って権利を行使する、そんなことが当たり前のようになったらいい、そんなことをふと考えた。
まだ熟考していないことなので、今回書いたことにはつっこみどころも多々あるかもしれない、そのときは是非教えてほしい。

もうひとつ、権利というものを研究する自主サークル「権研〈けんけん〉(仮称)」を立ち上げて、楽しい勉強会をしてみたいなと思った。
それも、ふとした思い付きだけど。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん