読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

キペルス・パピルスのこと。


今日は、ぼくがやっているバンド活動のこと。

プロフィール的なことをまず書いておくと。
キペルス・パピルス/cyperus papyrus
三人による「ウクレレ楽隊」。
弾き語りを中心に、滋賀でゆる~く活動。
お互いの子どもが同じ園に通うことで知り合う。
洋楽邦楽古今東西さまざまな歌をカバーしているが、最近はオリジナル曲もあり。

ピースフルタイムズ(The Peacefull Times)というフリーペーパーもつくったりしている、今のところ2号だけだけれど。

今年、2016年は1月に3ヶ所で演奏をさせてもらった。
守山宿、町家“うの家”での花音コンサートに出演(1/16)。
菩提寺、Cafeネンリンでのミニライブ(1/28)。
野洲のAtelier Cafe ハグハグでの、スプートニクのお二人との二本立てライブ(1/31)。

その後、ほんのちょっとの期間、活動をお休み。
3月に友人のピアノ教室発表会への友情出演。
4月には地域のマルシェ「はなもも市」への出演(4/24)という例外(?)もあったけれど。

7月末にぼくの埼玉の実家のカフェでライブ、一応そこから活動再開、ということに(7/31)。
11月にはディナー付きのライブ、安養寺のステーキハウス金六三にて(11/11)。

f:id:serendippo:20161221222717j:plain

(↑友人が撮ってくれた写真を使わせてもらいました)


そして先日は三井寺で毎月開催の「オーガニック&つながるマーケットしが」と同時開催での「プチプチアースデイしが」に出演(12/19)。

「プチプチアースデイしが」では、新曲『BIWACCA SONG』も含めて3曲のオリジナルソングを演奏。
(『BIWACCA SONG』については、また改めて書こうと思います)
オトノワ楽団とちさちゃんの息子くんも入ってくれて、ほんと心強かったし、何より楽しかった。
(あきさんはこの日は出張で不在のため、不参加)

この日、たくさんの人たちに「演奏よかったよ」等の声をかけてもらった。
たぶん、今まで活動してきた中で、一番多かったように思う。
とても嬉しかったな、ありがとうございます。


思いの外、前置きが長くなってしまった。


メンバーのちさちゃんとあきさんは、キシダ家にとっては音楽以外でも深いつながりを感じていて、かけがえのない存在となっている。

昨日(2016.12.20)もちさちゃんに誘ってもらい、近江八幡エコ村の珈琲オッタさんへ。

f:id:serendippo:20161221231519j:plain



ぼくは3年ほど前に一度伺って以来、二度目。
コーヒーはもちろん、ケーキも美味しかった♡

居心地のよさもあって、この日も話題が尽きない。

ちさちゃんと話したりすることで、たくさんの学びがある。
(あきさんもだけど、彼はどちらかというと寡黙なので)
そして、彼女の書く文章が、またいい。
ぼくと同じく、はてなブログをやっている。

かやつり草


この時の会話も、また今度、思い出して書いてみたいと思っている。

f:id:serendippo:20161221231732j:plain

(彼女はあまり自分の写真が好きじゃないので、こっそりUP☆)


最後にひとつ。
昨日の朝、たまたま「ベッドストック(BEDSTOCK)」というのを知った。

ミュージシャンがベッド(寝室)から届けるオンラインでのライブで、ベッドから出られないような子どもへのチャリティーでもあるらしい。
ジャック・ジョンソンノラ・ジョーンズの動画を観たら、リラックスしたとてもいい雰囲氣だった。

前々から、キペルス・パピルスでは普通のライブとはちょっと違ったことをしてみたいと思っていた。
ベッドからっていいなぁ、ジョンとヨーコの「BED IN」を連想させる。
(ちなみに、その年の12月に「 War Is Over!(If You Want it) 」のキャンペーンを展開したそう。

キペパピだったらどんな風にしたいだろう?

これもたまたま前日にYouTubeで観た動画があって、「どてらYMO」という、YMOのメンバーがこたつで結成秘話などをゆるく話す、というのがあった。

そんなわけで、実現するかどうかわからないけど、来年は「こたつライブ(仮)」をやってみたいと思っている。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん