読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

雪の降る街を。

ひとやすみ


今日(2017.1.15)はほぼ一日中、雪。
facebookのタイムラインもおもしろいほど雪景色が並び、子どもの遊ぶ姿も多い。
ウチの子どもたちも、朝からやけに張り切っていた。

オトナは昼前まで布団から出られず、家からもなかなか出られず。
ぼくは昨日借りてきた小説を一氣に読んでしまった。


夕方になって、ちょこっと外出。
雪の止んでいる合間に買いものを、と思っていたのに、いつの間にかまた降り出している。

アパートの前には、息子たちのつくった大きな雪だるま。

f:id:serendippo:20170115220111j:plain



家の前の道に出て、歩き始める。
人はもちろん、車もほとんど通らない。

いつもとは違う雰囲氣に、楽しくなってくる。

f:id:serendippo:20170115220237j:plain



遠くの音は聞こえず、近くの音はやけに響いて聞こえる。
だから、余計に別世界を歩いているような感覚がする。

自分の雪を踏む音と感触もまた、妙に心地よい。

f:id:serendippo:20170115220539j:plain



あぁ、もう少し早く、歩きに出たらよかったなぁ。
そう思ったのは、最初の方だけ。

大通りに出ると、ちょっと夢から覚めたようになる。
降りも激しくなり、手もかじかんで傘をもつのも一苦労。

f:id:serendippo:20170115221053j:plain


いつもの感じじゃなく、今回のブログは「日常のスケッチ」のように。
そういえば、最初の頃はふとした思い付きとか日常的なこととかも書いてみたいと思っていたはず。

初心とか子ども心とか、意識して戻ってみるのは大切だなぁと。
改めて思ってみたりする。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん