とむやんの氣まぐれ雑想記

〈探幸王〉を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

I LOVE 喫茶店♡


前にも書きましたが、寒いとなかなかPCに向かえません。
氣付けばもう、11月もあと少し、年末感が高まってきました。
寒いのも当たり前ですね。

友人とも話していたのだけど、今年(2017年)は本当に飛ぶように、あっという間に過ぎた感じがして。
こんなに寒いのも、日が暮れるのが早いのも、11月後半なら当然と言えば当然なのですが。
感覚がついていけてない氣がします。

今年の下半期は特に、新しいこと思い付いたことを、手当たり次第にやっているので、毎日が盛りだくさん。

12月に入る前に、このブログでちょっと整理しておきたいなと思います。

でも、それはまた改めて。
今日はゆるめの内容でいきます☆



先日、友人のちゃたくんに誘われて、京都へ行ってきました。
岡崎に最近オープンした喫茶店とのこと、それはかなり興味がある。

平安神宮を過ぎて、ちょっと細めの道に入ると…ありました♪

f:id:serendippo:20171124221223j:plain


「喫茶ハチドリ」

色のはこびやハチドリ


ステキだけど、ステキ過ぎない感じ。
カフェではなく、あくまでも「喫茶店」。

若い店主さんですが、しっかり「喫茶店のツボ」を押さえています。

f:id:serendippo:20171124221617j:plain


いかにも「喫茶店」なアイテムがそこかしこにあって。

f:id:serendippo:20171124221756j:plain




ちゃたくんと、行きの車でいろいろな話をしていました。
その中で、「店主さんが全然笑わないお店」が昔あってね~、という話でちょっと盛り上がったりして。

別にいいんですけどね、「笑わなくて」も。
でも、ステキなカフェで、きっと「そういうお店がやりたい」っていうのを実現したんだろうに、なぜ楽しくなさそうなんだろう?
なんか、すごく「疲れてる」感じなんだよね~、と。

お客さんとして行く側が、変に「氣をつかってしまう」んだよね、とちゃたくん。


今、ちゃたくんのハクハク茶小屋で珈琲淹れる日をやらせてもらっていますが。
(そういえば、まだ詳しく書けていません↓)

ブログを書きたくなるとき - とむやんの氣まぐれ雑想記


ちゃたくんも本当に楽しくやっているし、ぼくもそこにいられるだけで嬉しくてしょうがない。
お客さんが来てくださればもちろんだけど、いないときでもワクワクしている。
(と言いつつ、ありがたいことにハクハク茶小屋はいつもにぎわっています)

自分が楽しくやれているか、そこってやっぱり重要だなって。



そして辿り着いたのが、「喫茶ハチドリ」。
店主さんは、心からそこにいることを楽しんでいて、きっと「そのお店の一番のファン」なんだろうと、そんな言い方もできるかもしれない。


話はずれるけど、今回の選挙もそう。
「勝つため」に仕方なしに入れる投票じゃなく、自分が本当に選びたい人を選ぶ。

そこって、「戦略的に妥協」することも必要だとする意見も、もちろんまだまだある。

だけどやっぱり「妥協」ばかりしていたら、ガマンしてそれを自分にムリにナットクさせていたりしたら、笑顔もいつの間にか消えてしまうよね。

そしてそれは、相手にも変に「氣をつかわせる」ことになってしまう。


一方、喫茶ハチドリは本当に居心地がよかった。
オープンして間もないから、きっとまだまだ「ああしたいこうしたい」がたくさんあるはず。
そのワクワク感が伝わってきて、結構な時間長居させてもらいました。


そうそう、ごはんがまた美味しかった!

f:id:serendippo:20171124223840j:plain


ここはいい意味で、「喫茶店っぽくない」。
銀のお皿はまさに喫茶店らしさ、でも味は最高でした。

オムライスもだけど、ナポリタンもすごく美味しい。
だってこれ、相当丁寧につくってる。

f:id:serendippo:20171124224036j:plain


(↑店主さん越しに、撮らせてもらいました)

そして食後のコーヒー。

f:id:serendippo:20171124225507j:plain


と、食後のデザート。
ちゃたくんが頼んだものを、ぼくも分けてもらいました。

f:id:serendippo:20171124225555j:plain


パンケーキも、かなりクオリティー的にも高いんじゃないかな。
そして見た目はちゃんと「喫茶店」らしく。


「こんな喫茶店が滋賀にあったら」「近くにあったら」と、ちゃたくんと何度もつぶやいてしまった。
まあ、京都の中でもそこまで遠い場所ではないので、またちょくちょく行きたいなと思っています。



追記。
今日たまたま出逢った、マザーテレサの言葉。

「いかにいい仕事をしたかよりも、どれだけ心を込めたかです」



                    せれんでぃっぽ☆とむやん