とむやんの氣まぐれ雑想記

〈探幸王〉を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

劇的に人生を変えちゃう、かもしれない話。


最近は、何かと大袈裟に「煽る」情報が多いですよね、天氣予報とかも。
そう思ってちょっと甘く見てたけど、今回の寒波は本当に手強かった。

この週末も、お氣を付けてお過ごしください。

f:id:serendippo:20180126221935j:plain

(↑先日、栗東でも雪が降ったときに撮った写真、今日もちょっと降りました)


今週はそんな影響で、いろいろ予定変更があったりしました。
ハクハク茶小屋に「三連チャン」のはずでしたが、残念ながら昨日今日と行かれず。

でも、無事〈ALOHA WEDNESDAY〉と名付けた「ウクレレサロン」も開催できて。
帰りは友人に送ってもらってあれこれと喋れたり、すごく楽しい一日でした。
その辺のことは、また機会があれば書くとして。


今日(2018.1.26)は「劇的に人生を変えちゃう、かもしれない」方法について、書いてみたいと思います。



ぼくは、例えば10年前と今とを比べたら、短期間(と言っていいと思うのですが)で相当変わったなぁと思います。

ひとつ例をあげるなら、ちょっと前まで、すごく「怒りっぽい」性格だったんです。
すぐイライラしてしまって、だけど自分ではどうしようもなかった。
そんな状態なので、当然「幸せ」だと感じることもほとんどありませんでした。

今はビックリするくらい毎日が楽しくて、つくづく「幸せだなぁ」って思います。

もちろん、たまには落ち込むこともあるし、悩むことだって今現在もたくさんある。
イラっとすることもないわけじゃない。
けれど、それさえも「楽しんじゃおう」と思っているところもあって。

本当に、10年前の自分には到底ありえなかったでしょう。



10年前と言えば、ちょうど長男が今10歳なので、大きな「転機」があったわけですが。
子どもができて、まさか自分が「父親」になるというのは、自分としては「想定外」。
そのこと自体はすごく嬉しいことだったけれど、それですぐ人生が変わったわけではありません。

タイトルに、「劇的に」って書いたけど、それはあくまでも「振り返ってみて」のこと。
実際には、本当にちょっとしたことの積み重ねなんだと思います。
そのときは「転機」だと氣付けないくらい、ひとつひとつは「些細なこと」だったり。


そうそう、まず踏まえておきたいのは。
「その人の観念(ものごとに対する考え方)が、その人の現実となってあらわれている」、ということ。

ムリに信じなくてもいいです、これはあくまでもぼくが実感していること。
ただ、言い方はさまざまですが、多くの人が同様のことを言っていたりします。
(〈観念〉などについても、別の機会に改めて定義してみるつもりです)

観念にも現実にも「いい/悪い」はなくて、ただ本人にとって「どう感じられるか」、ということ。
イヤだなと思っていても、実はそれ(例えば不幸なままでいること)を求めてしまっていて、それが現実化しているだけだったり。


この10年は特に、その「せめぎ合い」のようなものが、自分の中にありました。
「幸せ」になりたい、でも拗ねていたい自分もいたり、言い訳ばっかり考えてしまったり。
ついつい「不幸」を演出してしまったり、だけどやっぱり「楽しい」ことや「嬉しい」ことがあれば、そっちにシフトしたいと強く願ったり。

たくさんの「情報」に触れたのも、この時期からでした。

その「情報」は、「本」が多かったけれど、「映画」だったり「イベント」だったりもしました。
その「情報」に関連するイベントなどがあれば出向いたり、そこで「ご縁」が拡がったり。

つまり、「人と出会う」ことが自分にとって、一番の「積み重ね」だったように思います。
「本」や「映画」も、ある意味では間接的に「出会い」だったと言えますね。



さて、ここからは告知です。
「なんだ、結局は宣伝か」とガッカリしたかもしれません、ごめんなさい。

でも、自分がイベントをするようになったのって、その自分がしてきた「積み重ね」を共有したいから、なんです。

自分が人生を変えた機会を、今度は与える方になりたい。
そういう想いがなければ、自分がイベントを主催する側になるなんて、思ってもみなかったかもしれません。


1月30日[火]のスローシネマ・カフェ。
「サティシュ・クマールの 今、ここにある未来 」上映会
〜居ごこちのよい暮らし体験会vol.2〜
https://www.facebook.com/events/158404111549973/
(↑fbのイベントページから申し込みができます)

サティシュさんについてだったり、どんな「出会い」がきっかけとなって人生が変わったのかについては、また今度書きます。

今言えるのは、この上映会とその後のシェア会は、「振り返ってみたら、あの日から変わった」と思ってもらえる機会になるはず、ということ。
そうなるように、ぼくもいろいろ考えています。


自分を振り返ってみると、転機は案外「小さなこと」だったりするんです。
でも、そういうちょっとした行動を起こす、その「積み重ね」で劇的に人生は変わります。

もちろん、「人生は安定的に、変化なんてない方がいい」という方もいるでしょう。
そういう方は、たぶんここまで読んでいないとは思いますが、スルーしていただいて構いません。

だけどもし、これを読んで何か感じてくれた方がいらっしゃれば。
そしてスケジュール帳を見たらなんとビックリ!狙ったように予定が空いてる!という方がいらっしゃれば。

まずはコメントなど、リアクションをしていただければと思います。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん