とむやんの氣まぐれ雑想記

〈探幸王〉を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

ゴールデンウィークにしたこと。

今週のお題ゴールデンウィーク2018」


いきなりですけど、「ゴールデンウィーク」って何なんでしょうね?
(以下、略して「GW」)
いや別に、難癖付けたいわけじゃないんです。

ただ、そんなにみんなして同じタイミングで休みを取らなくてもいいのにな、って。

それともやっぱり世の中にはまだまだ、「休む」ことへの妙な罪悪感ってあるんでしょうか?
だから、「みんなで休めば怖くない」的なもの、なのかなぁ。
「GW」って。

(実際のところ、学校とかがお休みになるから、というのが大きいのでしょうけども)
(この辺は、農耕民族と休日との関係性になってくるのかな?)



そんなわけで、ぼくは「GW」に対して特別な思い入れはありません。
お題としては、いつもならスルーしてたかも。

でも、今年の「GW」は書き残しておきたいような、ステキなことがあったので。
そのことだけでも記録しておきたいと思います。


まず、5月5日「こどもの日」。

「松永希カルテットライブ@信楽」でのこと。
ぼくはコーヒー出店をさせてもらいました。

友人宅の庭でのライブ、だったのですが。
庭と言っても、ケタ違い、想像を超えてます。

f:id:serendippo:20180508001001j:plain


こんな開放的な空間でステキな音楽を聴けるなんて、なんて幸せなことでしょう。



そして、美味しいものがあるってことも、かなり重要。

ミニマルシェもあって、ぼくはそこでコーヒーを淹れていました。
お隣は「すこやかなおやつ under tree」。

ヒュッゲリなひととき。 - とむやんの氣まぐれ雑想記

(↑何度もこのブログに登場してもらってますが、ここ最近の記事を貼っておきます)

f:id:serendippo:20180508002604j:plain


今回、つくった量が少な目、というのもあるのでしょうが。
いつものように大人氣で、あっという間に売り切れていました。

注目は、手前に映っている「鯉のぼり型」のバナナマフィン。
こどもの日にちなんで、ということなのですが、残念なことに全然鯉に見えない(笑)
でも、かわいいのはかわいいので、こちらも早い段階で完売していました。


そして、反対隣は「アースキッチンたまや」。
今回は、「野草てんぷらサラダ丼」。

f:id:serendippo:20180508013548j:plain


これまた何氣に、かなり贅沢だよなぁ。
米粉を使ったてんぷらはパリパリの衣で、美味しかったです。



ライブはオープニングアクトに、ビスタリ。

f:id:serendippo:20180508013959j:plain


みやもっちゃん、みかさん、よんちゃん。
この三人の演奏、いつまでも聴いていたくなります。
今回はちょっと曲数控えめ、にしたのかな。


そしてメインが、松永希カルテット。

f:id:serendippo:20180508014435j:plain


ボーカルの松永希さん、今井忍さん、ロケット・マツさん、アンドウケンジロウさん。
このメンバーで、昨年の10月にも信楽に来てくださって、そのときもコーヒー出店させてもらったのでした。

前回は地元の会館で、でも音響はかなり立派で音がよかったんですよね。
それでも、今回の「青空ライブ」はそれを上回るような「いい音」。


ぼくもそれなりに、今までいろいろなライブを聴いてきました。
今回のは、ぼくの現時点での「生涯ベストライブ」と言ってもいいかもしれない。

大袈裟じゃなく、感動がじわじわと沁み込んでくるすばらしいライブでした☆

f:id:serendippo:20180508020634j:plain



個人的に、「こえ」という曲が特に好き。
これまた不思議なことに、直前にセットリストから外れたのに、あることをきっかけに演奏することになったと、MCで言ってました。
つくづく、聴けてよかったなぁ。

松永希さんの声が、ほんとにしみじみ、いいんです。
自分も、こんな風に歌えるようになりたい、ほんのちょっとでも近づけたらいいなと、秘かに誓ってみたり。


今レコーディングをしていて、アルバムがもうすぐリリースされる予定なんだそう。
「こえ」も収録されるとのこと、楽しみ楽しみ♡



さてさて、ライブが終わって、BBQをしながらの「打ち上げ」。
これがまた、最高に楽しい♪

カルテットの面々も、いい感じでお酒が入って、ぐっと距離が近くなる。


ビスタリのみやもっちゃんが、「また一緒にライブやろう」と言ってくれたり。
よんちゃんが「とむやんも歌ってよ」と計らってくれて、ウクレレも貸してくれて。

自分のオリジナルを2曲、歌わせてもらいました。
『よりそうる』と。

Mariage - とむやんの氣まぐれ雑想記


『Indigo Sky』と。

ええあんばい - とむやんの氣まぐれ雑想記


思えば、『よりそうる』が生まれたのはちょうど二年前のGW、友人の結婚式がきっかけでした。
(曲が完成したのは、もう少し後)

「見返り」的なことを求めたわけじゃなく、感動や感謝を自分なりに表現したかった。

先日、たまたま永六輔さんの言葉を、ネットで見ました。
(正確には、『職人』という本に出てくる言葉なので、誰か職人さんの言葉なのかな?)
「褒められたい、認められたい、そう思い始めたら、 仕事がどこか嘘になります」


『Indigo Sky』も友人の応援のために書いた曲。
褒められるとか認められるとか、そのときはあまり考えていなかったかな。

でもやっぱり、その友人に喜んでもらえたときは、「つくってよかったなぁ」とつくづく思いましたけど。


今回も、『よりそうる』を演奏し終えたとき、ロケット・マツさんが「いい曲だね」って言ってくださって、本当に嬉しかった。

褒められたい、認められたいと思ってつくったものではない(とは言え、100%そうとも言い切れないけど)にしても。
報われた感は、正直じわじわ感じたかな。


それと、もうひとつ。

この友人宅の庭でのライブ、是非キペパピもやって、と友人からコメントをもらいました☆
キペルス・パピルス、最近活動どころか練習もしてないけど(笑)
これは是非、実現させたいな☆



そして、5月6日。
日野の向町カフェでの、「ウクレレ♩みんなでウクレレ♩」。

f:id:serendippo:20180510003011j:plain



5月20日に「ひのまるマルシェ」というのがあって。
そのステージで、向町ウクレレ隊としてみんなで演奏したり、フラダンスとコラボしたりする予定なのです。

その練習もかねてのウクレレサロンでした。

今回は途中からフラの先生も来てくれて、打ち合わせ
もできました。


f:id:serendippo:20180510003037j:plain


ウクレレサロンの後は、いつも楽しみにしている向町カフェのランチ。
この日も盛り沢山、でもどれも美味しいのであっという間に完食です。

そして、ひとしきり喋って笑って、本当に楽しいひとときでした。
(そしてそして、肝心のウクレレ写真が一枚もない(笑))



食後はチャイを飲んで、歩いてもう一軒カフェへ。
らっこやさんという、コーヒーの自家焙煎もされているお店。

f:id:serendippo:20180510003706j:plain


ガトーショコラと、季節のコーヒー。

GW中は友人がお手伝いに入っている、ということだったので。
(今回もたくさんの「友人」が出てきますが、それぞれ別の人です)
無事会えて、ちょこっと話もできて。

しかも、なんとコーヒー豆をプレゼントしてくれて、駅まで送ってくれて。
いただいたコーヒー豆のことは、また改めて。

駅に着いたら、ちょうど電車が出たところで。
でも、30分ほどで次の電車が来ました。

f:id:serendippo:20180510004012j:plain


日野には電車で何度も来ていたのですが、この「あかね号」を見たのも、乗るもの初めて。
ちょっとだけ、ラッキーな氣分になりました☆



そんな感じで、とりとめのないGW話でしたが。
信楽も日野も、とても好きな場所なので、想い出に残るGWになりました。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん