とむやんの氣まぐれ雑想記

〈探幸王〉を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

2020年の。


新暦の新年、明けましておめでとうございます。
今日は1月7日なので、一応間に合ったかな。
(15日までが松の内、というところもあるそうですが)


2019年、キシダ家は滋賀の栗東市から京都の京田辺市にお引っ越し。
精神的に体力的に、しんどいときもあった一年でしたが。
何とか一応無事ここまでたどり着いた、という感じです。

このブログは、できるだけ義務化しないように、がんばらないように、がモットー。
でもだからこそ、細々とでも楽しく続けてきました。

それが、昨年10月は忙しかったことも含めて、いろいろと余裕がなくて。
ブログを始めて以来、初めて記事を書けなかった月になってしまいました。

あまり氣にしないように、と思ってはいるのですけど。

ブログを書くことは、精神的な安定になっていたりもします。
穴をあけてしまう方がかえってしんどくなる、ということもあるわけです。
(このときは下書きさえ、ほとんど書けませんでした)

引き続き義務的に無理はせず、でもコンスタントに投稿はしていきたいなと思います。
2020年も、「とむやんの氣まぐれ雑想記」をよろしくお願いいたします。

あ、でも「よろしく」と言いつつも、そろそろ「期待に応えない」ブログを目指そうと思っていたりします。
結果として誰かの役に立ったりしたら、それは嬉しいことだけど。

それを「狙って」書こうとするのは、本末転倒。



前回は、クリスマスのことと「救い」について書きました。
でもやはり、自分の「領域」でないものにまで踏み込むべきではなかった、と思い返しています。

けれど、「救い」というものを改めて考えてみたい、とは今でも思っていて。
書き出してはみたものの、収拾が付かなくなって、ただいま停滞中。

今回は近況について、ちょこっと書くだけにしておきます。


年末年始は子どもたちと、埼玉の実家で過ごしました。

晦日、日付が変わってすぐ。
今年はトライセラトップスの『2020』という曲を聴きました。

Heart Of Gold - とむやんの氣まぐれ雑想記

(↑ぼくが新暦の年越しにしていること)

f:id:serendippo:20200107235241j:plain



2020年なんて、何だかSFのようだと思っていたのに。
そう言えば、2010年のときにもそう思っていた氣がするなぁ。


そんな近未来的な西暦を迎えましたが、今回の帰省もいつものように青春18きっぷ
帰りは熱海から豊橋まで、豊橋から米原まで、それぞれ乗り換えなしだったので。
何度も乗り降りしなくて済んだのは楽でしたが、おかげで昨日は腰が痛かったです…。
(元々腰痛もち、なので)

子どもたちももうすっかり慣れたもので、10時間の鈍行の旅でもそれほど騒がず。
普段から「退屈」に耐性があるので、助かります。



前々回の『東京ノイローゼ。』、これも続き?補足?を書こうと思っています。
歌詞もまだ載せていないし。

で、実は昨年末にnoteを始めました。

とむやん|note

noteの方は吟遊ソングライターとして、なので自作曲のことを中心に。
『東京ノイローゼ』のことは、もしかしたらそっちで書くかもしれません。
(どっちにしても、noteには書くつもり)

近況としてはそんな感じ。
1月3日にやったブックカフェのことも書きたかったけど、これもまだまとまらず。

いずれ書きます、を今年はできるだけ減らしたいな~と思ってるんですけどね。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん