とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

ゲームという「沼」。

今週のお題「私の沼」

「なかなか抜け出せそうにない、ハマっていること(=沼)」
「かつてハマり、ようやく抜け出した沼」、ということで。

今回も、「今週」にちょっと間に合わずの投稿。



先日、友人宅にお邪魔したときのこと。

その友人夫婦には高校生の息子さんがいて、彼となぜかテレビゲームの話になり、盛り上がった。

いや、正確に言うと、盛り上がったのはぼくひとりだったかもしれない(笑)
ゲームをやらない、もしくはほとんどやったことのない友人夫婦は、それでもおもしろがってはくれたが。
25も年下の友人と、ファミコンの話をするのは、妙にエキサイティングだった。


実は何を隠そう、ぼくは相当ゲームにのめり込んでいた。
青春を棒に振ったんじゃないかと思うほどで、ちょっと後悔してたりもする。

まあ、そんなことはいい。

彼と話したことで、スイッチが入ってしまった。
せっかくなので、ぼくが好きだったゲームを思い出してみようと思う。

ゲームに興味のない人には、「なんのこっちゃ」だとは思うけど…。
たかがゲームだと、侮れないものもあったりする。



◇「魔界塔士Sa・Ga
 スクウェア(現在はスクウェア・エニックス
 ゲームボーイ
 ロールプレイングゲーム
ゲームをやり始めてすぐに出会ってしまったソフト。
音楽もとにかくよくて、今でもたまに頭の中で流れるほど。


◇「ゼルダの伝説」シリーズ
 任天堂
 アクションRPG
言わずと知れた、超名作。
ディスクシステムの一作目も好きだけど、やはり最初にやったスーパーファミコンの「神々のトライフォース」は思い入れが強い。
最初の雨のシーンが、当時のぼくには結構衝撃だったなぁ。


◇「ドラゴンクエスト」シリーズ
 エニックススクウェア・エニックス
 RPG
もう説明するまでもないでしょう。
ファミコンの一作目の、主人公は常に前向き(カニ歩き状態)なところも含めて、やっぱり一番好きかも。
一番やり込んだのは、Ⅲの「そして伝説へ…」と、Ⅳの「導かれし者たち」かなぁ。
「なかまに なりたそうに こちらをみている!」のⅤも印象深いのだけど、クリアした記憶がない…。

◇「ファイナルファンタジー」シリーズ
 スクウェアスクウェア・エニックス
 RPG
これもまた説明不要な、個人的には一番好きなシリーズかも。
Ⅲ、Ⅳ、Ⅴが好きで、音楽もとにかくいい。
特に、IVのアレンジヴァージョン、「ケルティック・ムーン」はゲーム好きじゃなくてもオススメです。


◇「アクトレイザー
 エニックス(現在はスクウェア・エニックス
 スーパーファミコン
 アクション+シミュレーションゲーム
アクションモードとクリエイションモードがあって、その融合が飽きさせないつくりだった。
アクションモードに入るときの演出(ぐるぐる回るやつ)が、当時は結構感動的だったなぁ。
音楽もよくて、そこはちょっと伝説のような逸話があったりします。


◇「ダンジョンマスター
 ビクター音楽産業
 スーパーファミコン
 リアルタイム3DダンジョンRPG
アメリカのゲームの移植版。
ダンジョン(地下迷宮)を進むと、モンスターもリアルタイムに動いてきます。
ケルトンとかが近づくと、カシャーカシャーと聞こえてくる。
行動しているとお腹が空いたり、倒したモンスターの肉が食べれたり。
当時としてはかなり画期的、革命的だったはず、その後似た作品がいくつか出ました。
そうそう、たまに流れる音楽が、結構クオリティーが高い。
それと、武器をわざわざ置いて、「ときのこえ」を上げたくなる。
あぁ、このゲームは話が止まりません(笑)


◇「スナッチャー」/「ポリスノーツ
 コナミ
 アドベンチャーゲーム
もうストーリーはほとんど憶えていないが、映画に入り込んだような感覚で、とても好きだった。
コマンドを選んでストーリーを進めるが、謎解きやシューティングのシーンもあった。
小島プロダクションとしては「メタルギア」シリーズが有名で、「メタルギアソリッド」も上げておきたいところなのだけど、実はクリアーできていない…。


◇「ゼノギアス
 スクウェア(現在はスクウェア・エニックス
 プレイステーション
 新世代サイバネティックRPG
トーリーが結構よかった氣がするのだけど、これももうすっかり忘れてる。
あまり有名ではないけど、隠れた名作。


◇「サーカディア」
 アルヴィオン
 プレイステーション
 アドベンチャープラス
これも内容は完全に忘れているけど、ストーリーがいいと思ったのは憶えている。


◇「アナザーマインド」
 スクウェア(現在はスクウェア・エニックス
 プレイステーション
 ダイアローグ・アドベンチャー
実写作品で、対話文をつくってやりとりができるという異色作。
結構どっぷりハマった氣がする。


他にも、まだいろいろあるのですが。
ウィッシュルーム
「ゴースト・トリック」
「スペースチャンネル5」
e.t.c.…

キリがないし、忘れているタイトルもまだまだありそうだなぁ。
オススメできないけど、思い出深いものも入れたら、収集が付かないでしょう。


ちなみに、ぼくはその「沼地」から抜けるのはかなり苦労したけれど。

その若い友人は、「ゲームよりリアルの方が楽しいこといっぱいある」ことを、もう経験的に知っている人なので。
まあ、どっぷりハマって抜け出せないことはないんじゃないか、と思っている。

いずれにしても、ゲームはほどほどがいいですね。

f:id:serendippo:20170601215834j:plain




                    せれんでぃっぽ☆とむやん