読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

わたし誌。

ひとりごと 望想project


今日(2016.12.23)はドコモショップ栗東店の「木育ひろばであそぼう!」へ。
妻のメイコは絵本の読み聞かせ、ぼくはウクレレ演奏をさせてもらう。

f:id:serendippo:20161223222727j:plain


以前演奏させていただいたときの感じを踏まえ、今回はウクレレ演奏は歌ではなく、ウクレレソロにしてみた。
クリスマスソングをメインに、7~8曲やっただろうか。

f:id:serendippo:20161223223052j:plain


思惑通り雰囲氣的にはピッタリだったみたい、でもウクレレソロは練習の必要性を痛感…。
その辺は来年の課題だなぁ。

いちょうまつりと木育ひろば。 - とむやんの氣まぐれ雑想記

(↑ドコモショップ栗東店の木育ひろばについては、過去に何度か書いています)



木育ひろばもそうだったけど、新しいつながりが最近また広がりつつある。

思えば、滋賀に来た頃はほぼ知り合りゼロ、この5年常に新しいご縁に恵まれてきたと言える。
どこかに行けば顔見知りや友人がいて、それは本当に嬉しいし、ありがたいことだと思う。

ただ、その延長線上でここ最近、また新しい場所やご縁とつながる機会が増えている氣がしている。
今年はその辺のことを意識していたってのもある。


ぼくは今まで、「名刺」というものをもったことがない。
来年は友人のあーちゃん(Atelier ichi○ichi)につくってもらいたいと思ってもいる。

でもその前に、名刺とはちょっと違う、何かをつくりたいなぁと思っていた。

先月、ちゃたくんと何かを話していたときに、どういう流れだったか忘れたけど、超ローカルメディアがあってもいいんじゃないかと、ふと思い付いた。
それをみんながつくって、渡し合うってのもいいかも、と。

こういうとき、やはりネーミングが大事。
最近は年齢のせいかもしれないけど、ダジャレ的な要素が出てくると、俄然やる氣スイッチがガチャンと入る。

「自分個人の」ということと、「手渡しする」ということで、〈わたし誌〉と命名。
A4一枚に、自分の現在氣になっていることなんかを綴ってみる。
思い立ったが吉日ってことで、先月早速20部ほど刷って、いろいろな人に渡すことができた。

そして今月、ちょっと遅くなったけど昨日刷り上がり。

f:id:serendippo:20161223231352j:plain



こういうものは、やはりコンスタントに続けていくのが肝要だろう。
そして、楽しくなければ、続ける意味もあやしくなる。

手渡しした反応として特に嬉しかったのは、「私もやってみようかな」と言ってもらえたこと。
それと、CDの紹介を見て「私も昔、このバンドのファンで、よく聴いてました」と言ってくれた人がいたのもよかったな。
広がる機会が増えることで、ますます楽しみになってくる。


ここまで書いて、もし読んでみたいと思ってもらえたら、それもまた嬉しい。
下に貼り付けておこうと思うので、よかったら読んでみてください。


f:id:serendippo:20161223232631j:plain


↑わたし誌11月号vol.1、編集前記が横になってて読みづらいですが…


f:id:serendippo:20161223232919j:plain

↑そして12月号vol.2。
紙版まだありますので、それがほしいという方がもしいらっしゃったら、言ってくださいね。

それともし、「私もわたし誌つくりたい」という方がいらっしゃいましたら、一言声を掛けてもらえると嬉しいです。
つくるの自体は、許可も何ももちろん必要ないです☆



                    せれんでぃっぽ☆とむやん