とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

アベコベ⇔シンドローム


「人づくり革命」って、なんなんだ…?
「みんなにチャンス!構想会議」は、意味はわかるっちゃわかるけど。
あまりにも白々しいというか、何というか…。

スルーすればいいんだろうけど、それにしてもちょっと、これはないだろう…。



さて、本題。
前回の続きは後回しにして、今日(2017.8.3)は別のこと。


先月の「オーガニック&つながるマーケットしが」で、その前日にできあがった曲を歌わせてもらいました。

まずは、「オーガニック&つながるマーケットしが」のこと。

この日の野外寺子屋は、教育をテーマにしての座談会。
妻も参加、ぼくも司会として参加させてもらいました。

f:id:serendippo:20170803232651j:plain



特におもしろかったのが、飛び入り的に参加してくれたおふたり。
ひとりは、Midori-yaさん。

https://midori-yaflorist.wixsite.com/flower

かなり個性的な方、すごくいい話が聞けました。

もうひとりが、高校生の女の子。
アメリカへの留学をきっかけに、今の日本の学校に違和感を覚えたそう。

この女の子は、5月からギターを始めたというので、是非歌ってよと言ったら、本当に歌ってくれた。

f:id:serendippo:20170803234251j:plain


物怖じしないというか、その度胸に感服しました。
ぼくは後ろで、ちょこっとパーカッション参加。
(写真はちさちゃんが撮ってくれたもの)

そのちさちゃんも、彼女に触発されて、キペパピ(2人編成)としても急遽演奏することに。

そうそう、その彼女は早速、アフロック温泉(アフロ温泉改め)にスカウトされてましたよ(笑)


f:id:serendippo:20170803234638j:plain


そのアフロック温泉、今回も最高のパフォーマンス☆


f:id:serendippo:20170803234901j:plain


ねっこのおふたり、いつ聞いてもすばらしいです。

ちなみに、8月はマーケットお休み。
次の「オーガニック&つながるマーケットしが」は、9月17日[日]の開催だそうです。


この日、nanaotoのnaomiちゃんの歌のときも、ウクレレで参加させてもらいました。
そして、その後にオリジナル曲発表。


タイトルは、『アベコベ⇔シンドローム』。
以前つくった『平々凡々な世の中』という曲の、続編的なもの。

アベコベな今の現状について何か書きたいと思って。
隠すまでもないだろうけど、最初の思い付きとしては、政権批判的な内容のつもりでした。
でもどちらかというと、メディアだったり、簡単に情報に振り回される人々のこと、という感じになりました。

まるっきり逆のことを言っているfbの投稿などを見ていて、この感じはなんなんだろうとずっとモヤモヤしていたので。

「情報に振り回され」というのも、例えば真逆な意見の人たちが、「なぜか報道されないこと」と言って、今のメディアのあり方を嘆いている。
どっちが正しいとかではなく、ただこれって、それぞれ違う形で対立させられているだけなんじゃないか、って。
まさに、「夷を以て夷を制す」。


実際にはその辺のこと、うまく歌詞にできたかどうかはわかりませんが。
曲としては、結構おもしろいものになったかなと思っています。

ひとつだけ、補足的に書いておくと。
「足元を掬われるだけ」という歌詞があって、これって本当は「足を掬われる」なんですよね。

でも語呂の関係と、案外「足元を掬われる」って、ニュアンスとしてはこっちのが適しているのでは?と思ったので。

普通で言えば、「足元」って掬えないわけですけど、精神的心理的な部分で言うと、「足元を掬われた」感って、なんかわかる氣がして。
「足を掬う」って、なんかちょっと直接的な攻撃のイメージがあって、でもネットとかの誹謗中傷って「足元を掬われる」的な匿名性の高い感じですよね。

まあ、でもやっぱり、語呂が大きいかな(笑)

もうひとつ、「一日天下」という言葉も使われる言葉ですが、元々は「三日天下」の派生ですよね。
これも結局、語呂で選びました。

最後に歌詞を載せておきます。
マーケットで歌わせてもらったときから、一部歌詞を変えました。

かなりしっくりきているので、歌詞の変更はもうないと思います。
(あった場合は、こっそり修正します)


                    せれんでぃっぽ☆とむやん


アベコベ⇔シンドローム

A1】
救いの手求めても
足元を掬われるだけ
存在の意味なんて
考えもしないのだから


A2】
完璧な歯車も
破綻して空回りする
看板を偽れば
真実は逆さまになる

B1】
Woo 小さな声はすぐにかき消されて
Woo 見せかけの多数派は張り子の虎を放つ

サビ1】
アベコベな心情 常識を振りかざして
ウヤムヤな現状 饒舌に欺いて
恐怖でケムに巻く
 
A3】
監視して禁止して
つぶやきも脅(おびや)かされて
心配の押し売りは
言いなりにするためなのに

A4】
弁明は  無機質に
誤解だと責任転嫁
不都合は知らんぷり
対岸で一日天下

B2】
Woo 相手を貶(おとし)めれば 蔑(さげす)まれて
Woo 迷惑には厳しく 身内にだけは甘く

サビ2】
チグハグな印象 正体をひた隠して
アヤフヤな友情 条件で蹴落として
評価もカネ次第
 
サビ3】
アベコベな信条 情報に疲れ果てて
アチコチで炎上 冗談で済まされない
ドタバタの劇場 上出来のひとり芝居
イザコザの元凶 競争に巻き込んで
勝利はダレのため?