とむやんの氣まぐれ雑想記

〈探幸王〉を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

ピースミーティングテーブル。


先日(2018.2.18)のオーガニック&つながるマーケットしがの野外寺子屋
「ピースミーティングテーブル」という、座談会がありました。

ぼくも進行役として、参加させてもらいました。

f:id:serendippo:20180223234700j:plain



早速、あまいろチャンネルにインターネットラジオとしてUPされています。

ピースミーティングテーブル① 20180218@三井寺 - YouTube


実は、糸車の「チャルカ」を、「チャクラ」と言い間違えたりとか。
全体的に、何だかこの日(だけじゃないかもだけど)は、キレがイマイチ。

まあ、言い訳してもしょうがないのですが、ほんとに最近単語とかが出てこないんですよねぇ。
(口から「チャクラ」と出てしまい、すぐ違うとは氣付いたのに出てこなかった)

座談会が終わってからの井戸端会議でも、「最近トイレが近くて、映画館の2時間でもキツイ」なんてカミングアウトをしてみたり(笑)



さて、本題。
座談会の中でも喋らせてもらいましたが、いよいよ来週月曜日。
「へいわのじかん」in STILLROOM。

f:id:serendippo:20180223235243j:plain

滋賀・栗東/へいわのじかん in stillroom



「ピースミーティングテーブル」でも、前回の「へいわのじかん」のことも触れたりしました。

家庭中が「民主的」になれば、世界ももっと民主的になっていくかもしれない。
「家庭内民主主義」についても、また少し喋りたいと思っています。


「へいわのじかん」は、基本的には批判や議論ではなく、対話を大切にしたい。
けれど、身近な「くらし」とか「へいわ」の話の中で、場合によっては旦那さんへの愚痴が出てくるかもしれない。

例えば、「子どもがまだ小さいのに、ウチの旦那はいつも帰りが遅くて」なんて、そんな不満があったとして。
でも、「それって旦那さん個人の問題じゃなく、もしかしたら政府の働き方改革が全然トンチンカンなのも関係あるんじゃない?」という意見が出たりするかも。
(余談だけど、誰かが言ってた「働かせ改革」というのが、妙にしっくりきてしまう)

「結局、政府が憲法を全然守らず、変えようとしてばかりだからだよね」って、そこから憲法談議に発展する、そんな展開だってあるかもしれない。



きっと、誰もが平和な世の中がいい、と思っているはずなんです。
ただ、それが「自分たちさえよければいい」となってしまえば、結局は破綻してしまうでしょう。

自分にとっての「へいわ」って何だろう?「くらし」って何だろう?
日々、何氣なくやり過ごしてしまって、向き合えなかったり大切にできなかったり。

焦ったり不安になったり、そんなときは深呼吸をしてみるみたいに。
「へいわのじかん」に参加して、ちょっと立ち止まってみる。

一息ついて、穏やかな氣もちで現実を見たら、今やるべきことがはっきりとわかるかもしれません。

よかったら、「へいわのじかん」に参加してみてください。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん