読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

ほっと縁市《東京・赤羽》と、これからのマルシェに思うこと。


引き続き、先月末の帰省でのこと。

ぼくの実家の川口は埼玉県、川を挟んで隣が東京都北区赤羽
北区は近いし、おもしろいところも多いので、川口にいたときも行く機会がよくありました。
(田端までは行ったことがなかったのは、ちょっと前に書きました↓)

小さな小さな映画館。 - とむやんの氣まぐれ雑想記


最近はステキなお店やおもしろいスポットも増えているみたいで、実家に帰ったときは、北区のどこかしらには出没しています。

今回は、「ほっと縁市」というイベントにお邪魔してきました。
17回目の開催だそうで、場所は赤羽駅から歩いて数分の赤羽公園。

f:id:serendippo:20170407000608j:plain



この日(2017.3.26)はあいにく、朝から雨。
でも、それが雰囲氣としてはとてもよかった☆


埼玉に住んでいたとき、赤羽の自主保育に参加していて、その友人たちが関わっていたりします。
久々に会えて、子どもの成長に驚いたりしつつ。



「ほっと縁市」は〈安心・安全〉にこだわっていて、出店にも基準があるそう。

f:id:serendippo:20170415205609j:plain



滋賀にも「オーガニック&つながるマーケット」がありますが。
赤羽駅からすぐの立地で、こういう場が定期的にあるのは、すごく意味があるなぁと感じます。


自分にとって、マルシェの理想ってやっぱり「満月マルシェ」だったりするのですが。
(それ以上に、新月の「月のはじまりマルシェ」の方がより好きだったり)

それとは別に、いろいろなマルシェや青空マーケットが増えてきていると思うし、それはいい傾向じゃないかなと、個人的には思っています。

都市部などでは特に、オーガニックなどの選択肢はほとんどないに等しい。
つまり、ある意味相当偏っている、とも言えるわけで。

だから、いわゆる〈安心・安全〉をコンセプトにしたマルシェの意義が、これからますます大きくなることでしょう。

東京の高層ビル内のテナントを歩いたときにも、マルシェのポスターがあったり。
以前も別の場所で、同じようなマルシェに行ってみたこともあります。
(要項や基準などは、もちろんそれぞれ全然違うと思います)

そういうのは、まだまだ「流行りだからやってみた」感があるように、ぼくには思えてしまったりもするけれど。
それはそれとして、そういうニーズが高まってきているのは確かかな、と。


そうそう、今回の「ほっと縁市」には、「あなたにとっての〈安心・安全〉とは」というような問いかけがあって、布に自由に書けるようになっていました。
ぼくは、「多様性があること」というようなことを書きました。
(時間が経ってしまって、うろ覚えですが…)

選択肢のひとつひとつをブラッシュアップするのも大切だけど。
それ以上に、「選択肢がたくさんあって好きなように選べる」方向で、おもしろくなっていったらいいなと思います。

f:id:serendippo:20170415210354j:plain

(実家のカフェでもお世話になっている、ホメオパスのまどかさん↑)

f:id:serendippo:20170415210610j:plain

かわいいクッキーを2種類買ってみました。
どちらも素材のよさが引き立っていて、美味しかった♡


次回、第18回は6月4日[日]に開催予定だそうです。
関東近隣の方や、その時期東京に行く方、氣になったら是非是非チェックしてみてください↓

食と農で生活を考える - ほっと村~都会でむらづくり~




さて、明日(2017.4.16)は「びわ湖音楽祭 with 琵琶湖セッション&満月マルシェ」に出店予定。
ハンドドリップで(今回はネルではなくペーパー)、フェアトレードコーヒーを淹れます。


                    せれんでぃっぽ☆とむやん