とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

改めて、「【個別的】くらしとせいじカフェ」のこと。


前前前回、ちょこっと告知しましたが。
今日(2017.6.21)はcafe salon STILLROOMで、「【個別的】くらしとせいじカフェ」をやらせてもらいました☆

「理想」をもとめて。 - とむやんの氣まぐれ雑想記


結論から言えば、とてもいい会でした♪
オーナーのちすずさんも含めて、とても深い話から、いい意味でふざけた話まで、次々と出てくるから、本当におもしろい。

今日感じたことや喋ったとこなどは、反芻してまたいろいろな形で考えていけたらと思っています。

いずれにしても、こういうお喋りのできる場があるのって、やっぱりいいなぁと改めて感じました。
そこにわざわざ来てくださる方がいて、いい刺激をたくさんいただいて。
(ちなみに、お菓子等もドネーションとしていただいたりしました、感謝☆)



なぜ、「【個別的】くらしとせいじカフェ」をやるのか。
この機会に、今一度書き留めておきたいと思いました。

f:id:serendippo:20170621230341j:plain


まず、今回はこんなもの↑を用意しました。

五つの缶(五缶)に、それぞれの感情を表す言葉をロゴ風にして、貼ってあります。
「違和缶」「安心缶」「期待缶」「危機缶」「不信缶」。
(小さく書かれている英語は、あっているかどうか自信ありません)

本当はシールなどにして貼る予定なのですが、間に合わず。
いずれにしても、今日は使うまでもなかったのですが。


以前も書きましたが、元々「くらしとせいじカフェ」というものがあります。

【個別的】くらしとせいじカフェ☆ - とむやんの氣まぐれ雑想記


それがとても好きで、でももし自分なりにやるなら、どうするだろう?と。
もっと小さい会にして、街のあちこちで2~3人単位で日常的にやっていたら、ますますおもしろいんじゃないか。

【個別的】と付け足すのはちょっとした洒落のつもりだったけど、案外本質とも合致するのかも。

そんな経緯なので、元祖の「くらしとせいじカフェ」を否定的に見ているわけではもちろんありません。
むしろ、それだけではフォローできない部分を、もっと各々個人がやっていったら?という発想。
そこで共有したりしたことを、また元祖の集まりなどでフィードバックしたらいい。

ちょっと大きめに開催する元祖に行きやすい人もいるし、【個別的】なこじんまりとした集まりなら行けるかもという人もいるでしょう。
入り口がひとつではなく、ちょっと裏口的な、お勝手口のようなところもあったらいいな、という感じでしょうか。

だから、「普段は政治のことなんて、考えたことないんです」という人や、「集まりで自分のことを話したりするのは苦手で」という人にこそ、来てほしいなと思って。

そのためには、何か話しやすい仕組みができないかな?と、当初から考えていました。

もうひとつは、そういう政治的な話って、「感情論ではダメ」みたいなことがよく言われるんです。
でも、「感情」って大事だし、そこから考えることってすごく意味があるはず。
それが、「くらしとせいじ」という見方になれば、なおのこと。

そう思ったので、「感」を「缶」に掛けてみました。
(「缶」にあわせて、自動販売機のようなものも作成中ですが、こちらは全然間に合わなかった)

「世間で騒がれている問題、よくわからないんですけど、でも〈違和感〉はあるんです」とか。
「こないだ行ったイベントでこんなことがあって、まだまだ捨てたもんじゃない、未来に対する〈期待感〉が湧きました」とか。

そういうことなら「一人称」で話もしやすいんじゃないか。

その人の意見だったり感覚をベースに、「主体的」に考えたり喋ったりできる。
そして、人の意見を聞いて、「そういう考え方もあるね」と視野を拡げていく。

f:id:serendippo:20170621233139j:plain



言葉にすると、どうしてもむずかしくややこしくしてしまいがちなのだけど。

世間話も政治の話も、ちょっと深刻な現実の話も、ごちゃまぜにあれこれ言いあえる、そんな場にしたい。
ゴシップや愚痴がダメだとは言わないけど、少なくとも自分にとっては、それでは満足ができない。

一方で、議論的なことも重要ではあるからこそ、他愛のないお喋りができる空間/時間って必要だなって思います。

f:id:serendippo:20170621233758j:plain





今日は夏至
夜8時頃からちょっとだけですが、「キャンドルナイト」をしました。

f:id:serendippo:20170621234333j:plain



そう言えば、「キャンドルナイト」も久しぶりだし、ブログに書いたこともなかったなぁ。

写真はちょっとわかりづらいですが、フェアトレードの蜜蝋キャンドルを、カメさんの台に乗せてます。
(キャンドルがそれ用のものではないので、無理矢理感がありますが…)

今日はちすずさんが、『モモ』に出てくるカメのカシオペイアの話をしていたので。
キャンドルを探していたら、このカメさんが出てきて、何かちょっと因縁めいたものを感じました☆


                    せれんでぃっぽ☆とむやん