とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

少数派。

少数派でいようと思う。

どんなに人から反対されても、それを貫きたいか、貫けるか。
人の評価に振り回されていないつもりが、気付けば「多数派への憧れ」に引っ張られている。

手柄を立てようなんて、思わなくていい。
ちやほやされたいわけじゃないし、人からどう見られるかばかりを思い悩む必要もない。
最初はわかっているはずなのに、いつの間にか忘れてしまう。

f:id:serendippo:20160109184141j:image

自分が本当に憧れる人というのは、唯一無二な存在、超少数派。
憧れはしないけど、世界を牛耳っているのも、超少数派。

逆に、自分を多数派に埋もれさせるとしたら、それは結果的に自分を貶めていることにつながってしまう。
「人並みの幸せでいい」だとか、それは何に対する、誰に対する言い訳だろう?

多数の中に埋もれるから、自分を見失うんだ。
自分なんて探し回らなくていい、少数派でいいんだと覚悟を決める、それだけだ。


                                                                     せれんでぃっぽ☆とむやん