読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とむやんの氣まぐれ雑想記

“探幸王”を目指して、さまざまな想いを綴ります☆

「本のなかのおやつ」の誘惑。

book report ひとやすみ


今回も、図書館でたまたま見つけた本。
『レモンパイはメレンゲの彼方へ』 /もとしたいづみ

久々(でもないか)に「会心の一撃」、かなりおもしろかった!
妻のメイコに見つかってしまい、一氣に読了されて…、先を越されてしまった…。

著者は絵本作家のもとしたいづみさん、ごめんなさい、正直あまり知らない…。
と思ったら、『すっぽんぽんのすけ』シリーズや、市居みかさんの絵の『おっとどっこいしゃもじろう』は知ってる!


この本はおやつをテーマに、児童書などを紹介するエッセイなのだけど。
まず、それぞれのタイトルが、いい。

表題にもなっている「レモンパイは~」もそうだけど、「星を数えながらジャムを食べる」とか、「さわやかなゼリーは信用できるのか?」とか。
目次の時点でもう、氣になって早く読みたくてしょうがない。

そして、それがどれも見開き2ページの内容で、さらっと読めるのもいい。

本のセレクトもセンスのよさを感じる、ぼくは知らない本が多かったけれど。
これを機に、どれも読んでみたくなった。

そして、おやつ。
登場するものは比較的どれも「庶民的」なものが多くて、その辺も好感がもてる。
美味しいものに対するこだわりも、妙に共鳴してしまう。
年代も性別も違うのだけどね、そこがかえっておもしろかったのかも。


メイコに遅れて今朝、布団の中で読み終える。
昨晩読み終えていたメイコは、「甘いものが食べたい~」と絶叫していた。
普段あまり甘いものがちょっとニガテな妻にしては珍しい、でも氣もちはよくわかる。

そんなわけで、今日はお昼ごはんの前に、おやつタイム。
コーヒーを淹れて、ちょうど母から送られてきたカステラと、あかね軒のどら焼きを半分こ。
(カステラもどら焼きも、この本に出てきます)

f:id:serendippo:20170119234408j:plain



ある意味、危険な本かもしれない。
だからこそ、オススメ♡

f:id:serendippo:20170119234501j:plain



そうそう、表紙の装丁もかなり好み♪
これはいずれ買って、ウチの愛蔵本の一冊に加えたい☆


                    せれんでぃっぽ☆とむやん